dejerine’s blog

千葉のとある街に住むサーファーの週末日記。「海の記録」や「食」「アメリカで生活していた頃の思い出」などを気ままに書いています。

平成最後の10月の最後の日曜日。台風のウネリで肩〜頭・一宮

北風でサイズもありそうなので、北上を考えたが、混雑を避けて南下。


一宮でできそうだったので、少々ハードだったけど、3時間程。


カレントがキツく、乗ったらピークに戻るのはかなりきつかった。


ただ、その分人も居なくても居なくて、ピークはほぼ貸し切り。


レギュラーは何本かロングライドできた。


海上がりはプロテインで筋肉痛対策。


f:id:dejerine:20181030183555j:plain


f:id:dejerine:20181030183632j:plain


f:id:dejerine:20181030183709j:plain


f:id:dejerine:20181030183748j:plain


f:id:dejerine:20181030183833j:plain

10月ももう後半!千葉北・野手浜で波乗り〜本八幡・笹寿司アゲイン

 10月も気がつけば、後半。


待たぬ月日は経ちやすいというか、多忙というか…。


朝は結構冷え込んで、ビーサン履いてお湯を車に積み込むのにも気合が必要な季節になった。


4時半に起床。


それから一旦2度寝。


風は北から北北東。


6時過ぎに家を出て千葉北に向かう。


久々に京葉道路朝日の目潰しに遭う。


早い時間にもかかわらず、朝日のせいで所々ミニ渋滞。


この時期は偏光サングラス必要かな、って思う。


そんなことを考えながら横芝光まで高速を走行。


そして、H川、I泉はスルーして野手浜に向かう。


ある程度想定はしていたけど、やはり大混雑。


取り敢えず、人が減るまで釣り人に紛れて波と人を観察。


サーファーの高齢化を憂い、釣り人の言葉が日本語に聞こえないことに憤りを感じながら時間を過ごす。


が、1時間ほど経っても人が減る気配無し。。


むしろ次々に人が入っていく。。


エンドレスに人は増え続けそうだし、上に行ってもどこも混雑しているだろうからと思って、取り敢えず海に入ってみることに。


f:id:dejerine:20181021170222j:plain

 

 

f:id:dejerine:20181021170244j:plain

 

f:id:dejerine:20181021170353j:plain

 

 

f:id:dejerine:20181021170426j:plain

 

 

f:id:dejerine:20181021170458j:plain


堤防脇でキープすればそこまでパドルしなくてもよかったけど、セットが入ると一気に横に流れる系の鬼カレントコンディション。


入って直後は風もそこまで気にならないくらいだったが、だんだんオフショアが強くなってきて3時間ほどで終了。


海上がりは東金のかつ膳でトンカツ。


1200円くらいのロースカツ定食。


そして、夜ご飯は笹寿司で上握り1500円。


中トロとボタンエビが入ってこの値段。


大将、ご馳走様でした!

 

雨ニモマケズ、寒さニモマケズ、千葉北で波乗り&超簡単!眠気解消法!

2018年10月14日(日曜日)。

 

早朝から雨の日曜日。

 

昨夜は9時過ぎには寝てしまい、今朝は3時半起き。

 

雨で北東の風の予報だったので、「今日は海には行かないかな〜」ってことで、5時過ぎから休日の朝食を作ることに。

 

とりあえず、冷蔵庫を物色。

 

あるのは、大根が1/6カット分。

 

あとは、食パンとウインナー。

 

大根で洋食…。

 

ネットで何かないか探したところ、大根のフライが美味しいという情報をゲット。

 

で、適当に作ってみた。

 

まず、醤油、みりん、酒、おろし生姜、ニンニクチップで、タレを作成。

 

これに短冊状に切った大根を投入。

 f:id:dejerine:20181014200014j:plain

ビフォー



10分ほど寝かせてから、小麦粉を、と思ったら、小麦粉がない。

 

あるのはたこ焼き粉とお好み焼き粉。

 

とりあえず、お好み焼き粉で代用。

 

タレに浸した大根に直接適量投入。

 

適量というのは、目分量で、てんぷらの時の衣みたいな感じになる量。

 

で、フライにする前に、片栗粉にまぶす。

 

小さめの鍋にサラダ油を1cmくらい入れて、片栗粉でコーティングした味付き大根を片面ずつフライに。

 

f:id:dejerine:20181014200113j:plain

アフター


出来上がりはなかなか美味しそう。

 

とりあえず、味見。

 

外がサクサクしていて、中はジューシーで、美味しい。

 

ちょっと味付けが濃かったけど、意外とあっさりしている。

 

で、食パンとウインナーでホットサンドを作ろうと思ったのだが、ここで天気予報をチェックしたら、風向きが北東ではなく、北になっていることに気がつく。

 

急遽いそいそと海に行く準備をして、大根フライを朝ごはんにして、海へ向かう。

 

行き先は、H浜を最初目指したが、駐車場満員御礼の大混雑。

 

H川浜はここ数年でかなり人が増えたような気がする。

 

隣のポイントも例のごとく激混みと予想して、スルー。

 

で、N手浜。

 

f:id:dejerine:20181014200234j:plain

左側。特大セットで胸くらい?


意外と人がいない。

 

というか、運良く、朝一組と入れ替わりのタイミングで到着。

 

波は腰腹、たまーに胸サイズで面も綺麗でまずまずな感じ。

 

おニューの3mmフルに着替えて、3時間ほど波乗り。

 

f:id:dejerine:20181014200410j:plain

右側はワンサイズ小さいが人はまばら。


最初は上げていて、手前で掘れた波で遊んでいたが、潮が引いてくると、アウトでも割れだしてきたので、途中からはアウトで。

 

潮が良かったのか、間隔はあったけど、形の良い波が入ってくる。

 

途中、人が次々と上がっていき、ピークには自分を含めて2人という状況に。

 

しばらくしたら、数人入ってきたけど、それでもばらけていて全然乗れた。

 

久々にロングライドもできて、大満足。

 

でも、腕と足はヘロヘロ。

 

海から上がると、雨もほとんど止んでいた。

 

海水も千葉北にしてはまずまず綺麗だったし、ウエットも柔らかくて水も入ってこないし最高だった。

 

で、ビッグハウスでおでんの具材を買って帰路に着く。

 

途中睡魔に襲われたが、「ニコラスケイジの顔真似をしながら、過去にあった恥ずかしい体験を思い出すと眠気が覚める」という大発見をしながら、無事に帰宅。

 

超簡単な眠気解消法なので、これを読んだ人は是非とも試してもらいたい。

 

ニコラスケイジの顔真似ができるのは、独りドライブの醍醐味だ。

スペイン・バルセロナのグルメと観光 〜ラ・ボケリア/St.ジョセップ市場〜

バルセロナで一番行きたかったのが、ラ・ボケリア (La Boqueria)。

 

ラブランス通りの丁度真ん中くらいにある。

 

別名、セント・ジョセップ市場 (St Joseph)。

 

 

f:id:dejerine:20181010041415j:plain

ラ・ボケリアの入り口。MERCAT. St. JOSEPH. LA BOQUERIAの看板が目印。バスに乗っていると一瞬で通り過ぎるので、事前にどこで降りるかを確認しておいたほうが良い。バス停が市場を挟む形で2個あるので、どちらかで降りて歩けばすぐ。バス停からは徒歩で2,3分くらい。

 

f:id:dejerine:20181010041500j:plain

中の様子。行ったのは午前中早かったので、比較的人もまばらだった。この後、昼にかけて人が更に増えていった。

 

 

 

魚介類、肉類、果物類、チョコレート、チーズなど、食料品の専門店が軒を連ねる。

 

屋台バーや屋台レストランもあり、観光客が朝からワインやビールを飲んでいる。

 

f:id:dejerine:20181009195527j:plain

生ハムのお店。吊るしているのはすべてハモン。価格は少々高めかな? チーズとハモンのスライスを小分けにして売っているので、市場で食事をする予定がなければ、買って立ち食いしながら市場を回るのも良さそう。

 

f:id:dejerine:20181010041638j:plain

果物屋さんにはキウイ、もも、オレンジ、スイカなどが陳列されている。カットされた果物が透明のプラスチックのカップに入っていて、頼めば、フルーツジュースをその場で作ってくれる。

 

f:id:dejerine:20181010041800j:plain

八百屋だけど果物メイン。ただただ同じ種類の商品を積み上げているだけなのに、「家の近所にこんな陳列の八百屋さんがあったら、毎日行くのに!」と思わせる。市場マジック。

 

 

f:id:dejerine:20181010041547j:plain

早朝のレストラン。まだ、人はまばら。 ここ以外のお店は早朝でもほぼ満席で、このお店も帰る頃には満席。ラ・ボケリアで食事を考えている人は、お目当のお店が無ければ、とりあえず空席があるところに入ってみるべし。一回りしてからとかだと直ぐに席は埋まってしまうので。

 

 ジュースを飲みながら市場の中を二周くらい歩いて、お腹が空いてきたのでブランチ。市場の中のバーを眺めて一番美味しそうだったpinoxo bar (ピノキオバー)が丁度席が空いたので、ここで食べることに。

  

 

f:id:dejerine:20181010041833j:plain

 カウンターに食材が並んでいる。マメとか、

 

f:id:dejerine:20181010041913j:plain

キノコとか 、貝類とか。

 

f:id:dejerine:20181010041944j:plain

 店員さんに勧められて、ほうれん草のコロッケ2個。これ、すごい美味しかった。

 

f:id:dejerine:20181010042013j:plain

 あと、バルセロナ名物イカとマメの煮炒め。バルサミコ酢ベースの酸味と甘みのあるソースがかかっている。一人前だけど、見た目によらず結構ボリュームがある。これも豆とイカの食感が病みつきになる感じで美味しかった。

 

ここは二人以上で来れば、シェアする事で色々な種類の料理が食べられるから、そっちの方が楽しめると思う。

 

都内屈指のうどん!讃岐育ちも絶賛おすすめ♪♪〜錦糸町・五郎〜

体育の日といえば?

 

U*D*O*N〜うどん!

 

ということで讃岐うどんを食べに錦糸町へ。

 

俄かグーグルで調べて五郎というお店がイケてそうだったので、営業時間を確認すると、

 

まだ営業時間内!

 

だいたい祝日の思いつきイベントは祝日休業的なので不発に終わることが多いのだが、今日は運がいいというか、お店の人に感謝!

 

都営新宿線で住吉まで行って、ウォーキング(体育の日なので)すること約10分で到着。

 

有名店らしく店の前には10人ほどの行列。

 

こんな感じの小洒落た佇まい。

 

f:id:dejerine:20181008213325j:plain

 

そもそも、体育の日にも拘らずアーバン(錦糸町)ライフになったのは、東北東の風のせい。

 

千葉北全般混雑か悪コンディションのどちらかだから、波乗りはおやすみ。

 

前置きが長くなったが、ここのうどん

 

まじで真面目に

 

美味しい!

 

 

f:id:dejerine:20181008213519j:plain

醤油うどんと茶飯(具なし炊き込みご飯)と鳥皮天と卵天。讃岐出身者として、釜玉が無くて、醤油うどんと湯だめがあるのはハイポイント。写真汚くてごめんなさい。早く食べたい一心で一枚だけパシャリ。

 

 

 

f:id:dejerine:20181008213602j:plain

天ぷらはたまごがおすすめ。

 

 

f:id:dejerine:20181008213624j:plain

もちろん、価格は東京プライスだけど、ケチケチdejerineに「香川県まで食べに行くことを考えると安い!」と思わせてくれるくらいの美味しさだった。原価を考えると安くはないけど場所代、人件費云々を鑑みると良心的。

 

同じ価格帯なら神保町の丸○より断然好き。○香も普通に美味しいのだけれども…。

2018年10月7日・体育の日の前日の日曜日・東浪見でサーフィン

「スポーツの秋」。

 

体育の日の前日。

 

前日の天気予報で、風は早朝から南西風が強い予想。

 

直前まで鹿島に向かおうかと考えたけど、明らかに鹿島方面が良さそうで、人も集中しそう。

 

また、こういう時は湘南方面から大量にサーファーが流れてくる(勝手な妄想だけど)ので、鹿島方面は大混雑すると判断。

 

混雑を避けて、あえて千葉北エリアへ。

 

午後にかけて風が落ち着く予報でもあったので朝はゆっくり目のスタート。

 

東金のデニーズでのんびりとモーニング食べて、海へ向かう。

 

デニーズのモーニングは普段朝食を家で食べる自分にとってはすごい特別な朝ご飯だ。

 

ファミレスなのに、海外のホテルで朝食をとっているくらいの贅沢感。

 

地味に嬉しい。

 

そして、朝遅めのスタートで海に入る方が、気持ちに余裕があるというか、おおらかな精神状態で波乗りができる。

 

(とある事件こともあって)片貝、白里、白子は、「気持ち悪いよね」ということでスルー。

 

一宮は駐車場が無料になっていた。

 

しかし、10時くらいの段階ではオフショアウィンドウが強くて、板が降りにくそうでパス。

 

人もごった返しているし。

 

で、サンライズ東浪見方面へ。

 

駐車場はどこも7割くらい埋まっている感じで、朝2で入ったサーファーが上がってきて着替えている。

 

そんなタイミングだったので、海は「比較的」空いていた。

 

風も随分弱くなって、見た目グッドコンディション。

 

空も青く高くて、気持ちがいい。

 

f:id:dejerine:20181008075145j:plain

東浪見の波をチェック。メローな波がブレイクしていて、堤防脇はロングが波を片っ端からかっさらっていく。勿論、上手なショートもロング隙をついて上手く乗り継いでいる。

 

三時間ほどゆる〜りと波乗り。

 

例のごとく、「ガッツリ」前乗りされたり、いい波乗ってる時に「ガッツリ」進路妨害されたり、反則ボードに乗っているおっさんに「ガッツリ」スネーキングされたりもしたけど、このエリアでは日常茶飯事だし、デニーズモーニングのおかげで、ストレスにもならなかった(👈強がりwww)。

 

 

f:id:dejerine:20181008075315j:plain

帰りは幕張サービスエリアで遅めの昼食。

 

醤油コーナー充実し過ぎw

激甘っ!これもお寿司!?でも美味しくてクセになる。千葉県・銚子の伊達巻

千葉県に住み始めて5年目。

 

未だに新しいものに出会うことがあり、余所の地に住んでいるということを改めて気付かされる時がある。

 

写真は夏に銚子に行った時に食べた伊達巻。

 

f:id:dejerine:20181006162519j:plain

 

「銚子の伊達巻」ということで、テレビでも取り上げられたことのあるご当地グルメらしい。

 

漁師の疲れを取るために作られたらしく、別名は漁師のプリン。

 

トロ~んとしていて、本当にプリンみたいだった。

 

とても甘くて、寿司の一品というよりはむしろデザート。

 

色も鮮やかでインパクトがある。

 

 

寿司を食べた記憶は残っていないが、この伊達巻の記憶だけは鮮明に残っている。