包丁店巡り〜波なし

土曜日は包丁を探しにかっぱ橋へ。以前来た時(確かこっちに越してきて間もない頃だった)は日曜の夕方でほとんど店が閉まっていた。今回は週末で街が観光客で賑わう時間帯をと思い、早めに仕事を切り上げて足を運ぶ。大江戸線、銀座線を乗り継いで田原町で下車。思っていた通り商店街は賑わっていて、旅行者は8割くらいだろうか、道を往来する人は海外からと思わしき旅行者が多い。ちょっとした旅行に来た気分になる。


包丁探しは、蛸引きと呼ばれる関東の寿司職人が使う刺身包丁に興味があったから。最初に入った店で店員の頑固そうなおじいさんに聞くと、今は使う人はほとんどいないよとのこと。品数も多くはなく、店頭には左効き用のものは置いていない。そして、残念なことに、実際に見てみると、蛸引きは思っていたほどカッコいいものではなかった。周りに並んでいた柳刃包丁の方が断然いい。週に一回ほど趣味で柵を切るくらいで、今はヘンケルの普通の包丁を使っている旨を伝えると、「あれは全然切れない。その程度だったらこれで十分」と、店オリジナルの10000円の両刃の三徳包丁を店のおじいさんに勧められる。実際に手にしてみるとずっしりと重みがあって持った感触は相当いい感じ。衝動買いしそうになったが、頭にぼったくり価格では?という疑念がよぎり、グッと抑えて購入せず。あとでネットで調べてみると、その店は結構ちゃんとしたものを扱う店で、ぼったくりでもなさそうだった。その後、何軒か包丁店を回ったのだが、店員に長々と包丁の鋼の加工法などについてうんちくを垂れる関西のおっさんがいて、行く店行く店でそのおっさんと鉢合わせてしまった。おっさんの話は十分すぎるくらい聞けたが、店員からの情報収集ができなかった。


とりあえず、しばらくは今ある長年使っているヘンケルスのなまくらな包丁を活用しようと思い、1300円のシャープナーを購入。玉磨かざれば光なし。家に帰って研いだらよく切れるようになった。なまくらなやつだけど、20年近く使っているし、改めて愛着が湧く。


f:id:dejerine:20170619200422j:plain


日曜の波はしょぼくれコンディションにつき海は休み。来週は海に行けないので、残念。


夜は寿司。研いだ包丁で切ったので切り口が美しい。

f:id:dejerine:20170619200341j:plain



こう毎週同じネタを食べていると少々寿司も飽きてきた。

六月2週目

今週は土曜に寿司を握ってみた。柵は西友だと色々ある。アジの柵とか。


毎週握り続けてると、少しずつ上達しているのがわかって楽しい。まだまだ人に振る舞うレベルではないけど、自分で食べるには十分なレベルになったと思う。


今は切れない家庭用包丁でネタを切っているので、美しく切れる柳刃包丁が欲しくなってきた。


f:id:dejerine:20170612070044j:plain

右側を下げて盛った方が見栄えがいい。


f:id:dejerine:20170612070138j:plain

アジにも挑戦。


日曜はひとつまつで波乗り。期待していなかったが、意外と楽しめた。

f:id:dejerine:20170612070519j:plain

ここは無人だったが、地形がイマイチ。


良い波

久々に胸サイズの面ツルファンウェーブ。人もまばら。やっぱ波があると人も分散するし、天気もいいし最高。


f:id:dejerine:20170605210736j:plain


帰ってからまたも寿司。

f:id:dejerine:20170605210903j:plain


そしてドルチアのケーキ達。

f:id:dejerine:20170605211019j:plain


論文草稿と発表の原稿書きと授業準備をせねばと思いながら、ビールを飲んでいたら、いつの間にか寝てて気がついたら朝w


まだ余裕。

千葉北

塩パンを買って朝ニでそりがね。左サイドオフで腰くらい。人は少な目だった。


f:id:dejerine:20170529063809j:plain

ミドルくらいに砂が付いていて、インサイドで消える系の波。


夜は懲りずに寿司を握る。どうしてもシャリが前方によるので、次回はシャリを乗せる位置を意識して握る。

f:id:dejerine:20170529064130j:plain

少しずつ様になってきた。次はガリにも挑戦したい。

夏日小波

しらさとで日曜日は波乗り。朝ニでいつものパン屋で塩パンを買って海へ向かう。波は小さく基本テイクオフのみだが、天気もよく無風で面はキラキラ。暖かくなってビーチには人が多くなってきた。


f:id:dejerine:20170522205547j:plain

しらさと。ひっそりと右のほうで2時間くらい。


夜はまたしても寿司を握る。寿司屋ごっこ(といっても粛々と握るだけだけど)は地味に楽しい。


f:id:dejerine:20170522210042j:plain

カツオの漬けに大葉を刻んで入れてみたら、風味がいい感じ。今回はコハダもやった。タコは以外と難しかった。






千葉キタキタ

土曜日は串カツで飲んで、帰りがけに近所で長浜ちっくな豚骨ラーメン。ここのスープは行くたびに味が違う。


f:id:dejerine:20170515200929j:plain

麺を粉落としで頼んでスプーン一杯のおろしニンニクと紅生姜、ゴマをトッピングすると日によってはハイレベルな長浜ラーメンになる。この日は、スープが生臭いうえに焦げ臭かった。コショウと辛子高菜も添加してみたが、出口は見えなかった。次回に期待。


で日曜は北風ボーボーにつき千葉キタキタへ。途中のて浜をチェックするも激混みにつきスルー。久々にこのエリアに足を運んだが、望洋荘が綺麗さっぱり消滅していて切なくなった。


f:id:dejerine:20170515201951j:plain

面は良いが人が多かったN浜。


サイズは小さめだが人の少ないポイントを見つけて2時間くらい。遠浅でアウトが無駄に遠かった。


夜はその日の朝に勝浦で水揚げされたカツオが美味しそうだったので、ひと柵買って、半分を漬けにして寿司を握った。やはり自作握りはコスパ最強。そして美味い。


f:id:dejerine:20170515202426j:plain

左が漬けで右がそのままの状態を握り寿司にしたもの。


GW

3日は福岡旅行を模して、長浜ラーメンを食べに新橋へ。ネットで見つけたお店で、比較的新しい店構え。麺は長浜ラーメン特有の粉っぽさが本場感満載で良い感じ。スープは塩分がやや多目で、脂分が控えめでややあっさり。店内の豚骨臭が凄くて帰りの電車で豚骨臭全開だった。


f:id:dejerine:20170508062808j:plain

ちゃんと替玉(150円、東京プライス!)もした。


新橋へ来たついでに日テレに寄って東京観光。着いたのがちょうど時計のカラクリが作動するタイミングで、時計に備わった人形や小道具が賑やかに動いていた。


f:id:dejerine:20170508063259j:plain

日テレの時計。


連休2日目は、てっちゃんと鉾田へ。かなり小波だったが入ってすぐは水も綺麗だし面も良くて波待ちが気持ちが良かった。


f:id:dejerine:20170508063653j:plain

入水前の眺め。膝波。選べば少し乗れる波も。


5日こどもの日は、博多旅行を称して、長浜ラーメンを食べに菊川へ。スープはこってりで麺は長浜特有の粉っぽい細麺。本場さながらで美味しかったが、こちらもやや塩分が多いかなあと感じた。東京の人には塩分多目のがいいのかも。


f:id:dejerine:20170508065203j:plain

こってりラーメン。こちらでもきちんと替玉(150円、東京プライス)をしておいた。スープを飲んだ後に底に残る豚骨物質は、3号線沿いにあった魁龍のラーメンを彷彿とさせる。


ラーメンを食べた後は腹ごなしに錦糸町まで散歩。錦糸町の西側を歩くのは初めてで、所々こじんまりとした、いい雰囲気のお店も。


夜は寿司を自作。自分で握る寿司は格別。


5月6日は、再び鉾田へ。南よりの風が少々。サイズは腹くらい。丘の上から眺めると波が張っていて良さそうに見えたが、どちらかというと柔らかい波だった。


f:id:dejerine:20170508203642j:plain

波乗り後の写真。


夜は小岩で串焼きと八丈島料理。

f:id:dejerine:20170508204029j:plain

串焼き数本と2杯飲んで1500円くらい。


f:id:dejerine:20170508204134j:plain

相変わらずボリューム満点!これ以外に明日葉の天ぷらと島寿司。


総じてGWは、日帰り福岡旅行1回と八丈島旅行0.5回、東京観光1回分の内容を移動時間なしで遊んだ感じ。満足。